知ってる人は得をする?!信用取引のお役立ち情報

信用取引は今後の株価動向を占う指針になる

大きな利益を生むことができる信用取引は、他方損失も拡大しやすい取引として忌避する投資家も多くいます。しかし、実際に運用しなくとも、信用取引を上手く利用すれば株取引で利益をあげられる場合があります。
例えば、信用取引の建玉がどれだけ投資家に保有されているのかを示す『信用残』の指標を見ることで、将来的な株価の動向を占うことができます。信用買残が多い銘柄は、信用取引の出来高が膨らんだ時期から約三ヵ月後に下落する傾向にあります。信用売残りが多い銘柄の場合はこの逆の動きをするため、それを見込んで事前に現物買いを仕掛けておけば、直接信用取引に手を出していないながらも、信用取引を利用する形で儲けを出すことができます。

信用取引を利用すれば、話題の株主優待が無料に!?

損失が拡大しやすい信用取引ですが、全く損失を出さずに利益のみを得る魔法のような手法が存在します。一見すると詐欺かとも思えるような謳い文句ですが、そのやり方は完全な合法で、かつ非常に簡単なものです。
この手法により得られる利益とは即ち、昨今話題になっている『株主優待』です。やり方としては、株主優待が欲しい銘柄を権利落ち日前に現物で購入しておき、それと同時に同じ銘柄を空売りしておくというものです。株主優待がある銘柄は権利落ち日を経過すると株価が下落して現物株では損失が出る傾向が強いのですが、同時に行っている空売りによって損失は相殺されるため、株取引における手数料や空売りの金利はかかりますが、実質無料で株主優待の権利を手に入れることができるのです。

信用取引の手数料体型を調べることで、証券会社がどのような顧客を想定しているのか分かります。たとえば、小口客を集めたい会社はワンショット手数料が主流で、大口を狙う会社は定額料金を謳っています。

Copyright © Major Credit Cards. All Rights Reserved