信用取引の魅力ポイントはここだ!

より大きな資金を使って売買ができる

信用取引の最大のメリットとしては、自分が預け入れた自己資金の3倍を上限として、株の売買ができるということです。例えば、100万円の資金を証券会社の口座に入金すれば、300万円の範囲内で株の売買ができるということになります。
ですから、チャンスだと思われるタイミングが来たら、多くの株を購入して利益を倍にするということもできるようになります。特に、一日に何度も取引を繰り返すようなデイトレーダーであれば、短期間の内に利益を積み重ねていく必要があり、資金が豊富に使える信用取引の方がトレードがしやすいということが言えるでしょう。また、手数料についても信用取引の方が安い傾向にありますから、手数料を気にせずに多くの取引をすることができます。

空売りをすることができる

信用取引ができるようになると、空売りという売買を行うことができるようになります。この空売りとは、証券会社から株券を借りてきて、それを株式市場で売って、後で買い戻して株券を返すという売買です。最初に株を売るということになるので、株価が高いときに売って安いときに買い戻すことによって利益を得ることができるということになります。
ですから、株式市場が下落傾向にある局面であっても、株価が上昇している局面と同様に利益を狙うことができるということになります。トレードの中でも短期トレードを繰り返す場合は、株価のあらゆる局面に対応していかなければならず、空売りが使えるというだけでも、トレードの幅はかなり広がっていくということが言えるでしょう。

株の信用取引とは、証券会社にある程度のお金を入れることにより、お金を借りて最高三倍までの株式を買えたり、株を借りて空売りが出来たりします。もちろん金利や手数料はかかります。

Copyright © Major Credit Cards. All Rights Reserved